犬の視力回復はどうやったらできるの?

犬の視力回復はどうやったらできるの?

『最近、愛犬の物見えが悪くなってきたようなきがする・・・』

このように感じていませんか?

 

犬の視力がていかする理由はいくつかっリマスが、加齢によるものもありますよね。

加齢による視力低下は仕方がりませんが、出来る限り、長く健康的でいてほしいもの。

 

ですが、犬の視力回復をする方法はあるのでしょうか。

 

みっちー
愛犬には、出来る限り健康的でいてほしいですよね。

 

犬の視力が低下する・・・。

犬の視力回復はどうやったらできるの?

小さい頃はしっかりトモのがみえていたのに、徐々に物見えが悪くなってしまうことがあると思います。

散歩をしている時でも、物によくぶつかるようになったりしたら危険信号です。

 

犬の視力低下を放っておくと、他にも様々な悪影響が出てしまうので、注意が必要となります。

犬の視力低下が原因となって起こってしまう症状を確認しておきましょう。

 

視力低下が原因で起こる悪影響とは?

視力低下が原因で起こってしまう様々な悪影響について確認しておきましょう!

そうすることで、視力低下がいかに危険なことであるかを知ることができます。

 

悪影響①ものにぶつかりやすくなる

先程もちらっと書きましたが、視力が低下することで犬は物がよく見えなくなってしまい、目の前に来ても気が付かなくなることが有ります。

そのため、散歩をしているときや室内で飼育する時もちょっとした場所に体をぶつけやすくなってしまいます。

 

みっちー
物にぶつかると怪我につながるので、注意して下さい。

 

悪影響②臆病になってしまう

物が見えないと、犬は恐怖を感じてしまい、何に対しても臆病になってしまいます。

今まで活動的だった愛犬が急に音無くなったり、何にたいしても臆病になっている場合は視力低下が原因だと考えられます。

 

目からの情報が遮断されると、犬は心配になってしまうのは容易に想像できますよね。

 

悪影響③攻撃的になる

今度は逆に攻撃的になってしまうこともあります。

周りがわからない状況になるからこそ、犬は自分の身を守るため、恐怖への対抗策として攻撃的になります。

 

周り見えない場合、全てが”敵”に見えてしまうこともあります。

ですが、犬は本当は怯えているということをお忘れなく。

 

みっちー
人間でも同じように、身を守るために攻撃的になることも有りますよね。

 

悪影響④行動力の低下

視力が低下する事で、何もすることにも意欲的になれず、消極的に。

物が見えないと、走り回ろうともしませんよね・・・。

 

みっちー
犬の視力が低下すると、人間と同じような反応が起きてしまいます。
みっちー
目の悪い飼い主さんの場合は、自分と同じような気持ちになっていると考えることで、愛犬の気持ちを理解してあげることに繋がりますよ!

 

犬の視力低下の原因は?

犬の視力低下の原因は一つだけではありません。

考えられる原因をご紹介していきます。

 

原因①病気

犬の視力低下として、まず考えられるのは病気です。

病気の中でも、白内障や緑内障が考えられます。

 

どんな犬でもこういった病気が起こってしまう可能性はあるので、予め覚悟をしておくのが良いでしょう。

 

原因②老化

①とも繋がる部分がありますが、老化することで白内障や緑内障につながってしまうことに。

老化による視力の低下は仕方が無いと言えば、仕方がありませんが、少しもで進行を食い止めるための対策を施す必要があります。

 

視力低下した時の対処法とは?

犬の視力が低下した時の対処法について確認しておきましょう!

 

対処法①生活環境を変えない

犬が把握している物の位置を変えないことで、犬が視力低下しても吸いやすい状態になります。

いきなり環境を変えてしまうと、物の位置が変わってしまうので、済みづらくストレスの原因にもなります。

 

なので、いきなり家具の位置を変更したりしないように気をつけましょう!

 

対処法②いきなり動かない

飼い主さんがいきなり動いてしまうと、犬はびっくりしてしまいます。

そして、物が見えない状態なら、怖いですよね。

 

考えてみて下さい。

よくわからないものが急に動き出したらとても恐怖を感じるのではないでしょうか?

 

犬もそれと同じ気持ちになります。

もし、犬に触れる場合は名前を呼びかけながらゆっくりと触れるようにしましょう。

 

みっちー
目が見えないなら、耳からの情報を与えてあげることが大雪となります。

 

対処法③鋭利なものや高低差を無くす

テーブルの角をはじめ、床の段差をなくしてあげることが大切です。

要するにバリアフリーのイメージですね。

 

鋭利な場所があると、犬がぶつかってしまったときには思わぬ怪我に繋がってしまうのでそういったものを排除しましょう。

また、高低差があると脚をくじいたりすることもあるので、出来る限り高低差を無くしてあげるようにしましょう。

 

犬の視力回復の方法とは一体?

犬の視力が低下してしまったときには犬の視力回復出来る方法があるのか知りたいですよね。

 

実は、一度低下してしまった視力を回復させることはとても難しく対処法は殆どないと言われています。

ですが、何も対策がないわけではなくて、視力低下を進行させない事が大切となってきます。

 

犬の視力低下を防ぐために出来ることは主に以下のことになります。

  • 紫外線から目を守る
  • 代謝機能を整える
  • 血行を促進してあげる

こういったことに気をつけることで視力低下の進行を防ぐことに繋がります。

 

また、それだけでなく目に必要な栄養素を摂取することも大切です。

 

必要な栄養素

犬の目を守るために必要ない要素はいくつもありますが、その中でも代表的なのは主に③つの作用をもつものとなります。

  1. 抗酸化作用
  2. 抗炎症化作用
  3. 抗菌化作用

こういった作用をもつ栄養素を摂取することで犬の目を守ることに繋がります。

 

栄養素を摂取することで、ダメージをふせぐことができるだけでなく病気の予防にも繋がります。

みっちー
病気になってしまったら、多額の手術費がかかりますし、犬へ大きな負担をかけてしまうので、予防をすることが大切となります。

 

とはいえ、これらの栄養素を十分な量を摂取するのはとても大変なことで、市販のドッグフードを与えているだけでは不可能となっています。

栄養不足の状態が続くと、あなたの愛犬の視力はどんどん悪くなってしまい、最悪の場合は目の病気になり失明に繋がります。

そうならないためにも、犬のアイケア専用のサプリを活用するのが良いでしょう。

今なら期間限定価格で購入出来るので、お早めに購入しておくことをおすすめします。

 

 

犬の視力回復のまとめ

『犬の視力が低下した・・・』そのような時には、それ以上症状を進行させないためにも、適した栄養成分を摂取することが大切です。

そうすることで、症状の進行を食い止めることに繋がりますし、病気の予防にも繋がります。

 

万が一、病気になってしまったら、多額の費用がかかるので、日頃から予防をするほうが安く住みます。

そして、目を守る栄養成分を摂取出来る犬専用のアイケアサプリを使ってみることをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です