犬が喉に詰まる症状に!対処法は?咳もするんだけど・・・

犬が喉に詰まる症状に!対処法は?咳もするんだけど・・・

犬が喉に詰まる症状や咳をすることはありませんか?

 

一度、飼っている犬がある日、ケッ、ケッ、ゲーゲーと喘息っぽい咳をしたことがありました。

しかし、それは私たち人間が風邪をひいた時のものではなく、喉に何か詰まっていてそれを出したがっているような感じのものでした。

 

「風邪を引いてしまったかな。」なんて軽く思い、何日か暖かいところで寝かせていたのですが、症状が良くならないので病院へ連れて行ったところ、何とケンネルコフに掛かりかけていました。

早期発見できたので、命に危険はありませんでしたが、『もし今日来てなかったら。』と思い、ぞっとしたのを覚えています。

 

少しばかりの咳であれば、それほど心配する必要はありません。

しかし、長引いているようでしたら場合によっては命と関わることもあるので必ず動物病院で診てもらいましょう。

 

この記事では、犬が喉に詰まる症状や咳の症状についてお伝えしていきます。

みっちー
後悔先に立たず、といいますから、早めに対処しておきましょう

 

犬が喉を詰まらせた!

犬が喉に詰まる症状に!対処法は?咳もするんだけど・・・

犬によっては時々病気とは関係なく、気道に異物が入ってしまい喉を詰まらせ、ゲーゲーすることがあります。

見ていれば、普通の咳ではなく息苦しがっていることは見分けられると思います。

 

放置すると窒息して死に至るので、応急処置の方法は必ず覚えて起きましょう。

またこういう状態に遭遇してしまう時に備えて、あらかじめぬいぐるみを使って練習をして見たり、実際犬のどの部分に何をどれくらいすればいいのかなども覚えて起きましょう。

 

実際遭遇してしまう場合、冷静に実行する上でこういった予習は不可欠です。

 

喉につまらせる原因とは?

喉を詰まらせる理由としてあげられるのは、遊んでいて間違えてオモチャを飲み込んでしまったり、食べ物を誤って飲み込んでしまったりする場合が多いようです。

こういった要因は飼い主が日頃から環境管理をすることによって避けられます。

 

オモチャの大きさ、また与えている餌、おやつの大きさなどには十分配慮しましょう。

犬が噛んで飲み込んでしまうような家具などの有無もきちんと日頃から点検するようにしましょう。

 

もし、喉にものを詰まらせた場合は気道異物除去を試しましょう。

 

気道異物除去の方法!

気道異物除去の方法はいくつか有ります。

①背部叩打法

犬の肩甲骨の間を5回ほど、やや強めに叩きます。

一回だけで吐き出さない場合は繰り返し行いましょう!

 

みっちー
犬が物を吐き出しそうなタイミングで叩いてあげるとより効果的です。

 

②チェストトラスト方法

犬が四足で踏ん張っている所に対し、両手を大きく広げて胸の両サイドから、口の方へと押し出してあげる方法となります。

みっちー
こちらも、犬が吐き出そうとするタイミングに合わせて圧迫すると効果的です。

中型犬以上には背部叩打方法を行うことをおすすめします。

 

咳もしているから心配!

犬が喉に詰まる症状に!対処法は?咳もするんだけど・・・

犬が咳をする理由として主に考えられるのをご紹介していきます。

 

フィラリア感染

一つ目はフィラリア感染。

フィラリア感染の特徴は 咳の音はケッー、ケッー、という軽い感じの咳をだします。

 

フィラリア感染にかかってしまう 理由は蚊の媒介からの感染が主です。

予防や治療は以下のもの。

  • 予防注射
  • ワクチン接種

フィラリア感染は早期発見することが大切です。

 

犬がかかってしまったのに、治療をしないと必ず死に至らせてしまう危険な病気です。

みっちー
家でもビーグル犬を一匹フィラリア感染で死なせてしまった苦い経験があります。

とても苦しく、あっという間です。早期発見、早期治療に励んでください。

 

ケンネルコフ(伝染性気管気管支炎)

咳の音でゲーゲーと吐くような咳です。

ウィルスの病気が原因となっており、犬風邪と呼ばれることもあり、発熱や咳を伴います。

 

ウイルス感染となっているので、病院ではウイルスの活動を抑えながら免疫力を上げるために抗生剤と鎮咳薬の投与が行われます。

伝染性が強く、放っておくと肺炎にまで及び死に至る病気です。

 

早期発見、早期治療が必要です。

 

肺水腫

咳の音は呼吸困難な感じの咳。

『ングー、ングー』という感じの咳をしたりします。

 

肺水腫の原因は心臓の異常、静脈やリンパ管が何らかの理由で閉塞された浸透圧の低下、また血管の透過性が上がることなどからです。

 

治療は内科的に行うことが多く、治療費も大変高いですが、完治することは少ないと言われています。

これも、定期的な検査で早期発見できれば悪化を阻止することが可能になります。

 

対処法はなに?

対処法はもちろん、症状によるので、よくわからない場合は必ず動物病院で診ていただくのが一番。

一番大切なのは日頃から、ワクチン接種、予防注射はもちろん。

  1. 健康管理
  2. 食生活
  3. 環境管理

などにも気を配り、病気は早期発見と早期治療に努めること。

1日放っておいてしまったために、取り返しがない結末を招いてしまうかもしれません。

 

犬が喉に詰まらせる症状を見逃さない!

以下のようなサインを見逃さないようにしましょう。

  • いつもは散歩が大好きなのに、最近は何だか行きたがらない
  • ぐったりしている
  • 目がどんよりしている
  • 食欲があまりない
  • 下痢をしている
  • 歯茎が変色している
  • 咳をしていたり、喉をつまらせているような音を立てる

こんな状態を目撃した場合はできるだけ早く、原因を追求し、正しく治療をしてあげるようにしてください。

 

みっちー
『愛犬が自分の痛いところ、具合の悪いところなどを言葉で伝えてくれることができたのなら、どんなにいいだろう』と良く思ったことがあります。

 

犬にしてみれば、自分たちは自分たちのできる範囲で私たちにそれを一生懸命伝えてくれているのですよね。

それをしっかり読み取って、理解して、行動してあげることが私たち飼い主の重大な責任となるのでしょう。

 

犬が喉につまらせる症状のまとめ

犬が喉につまらせる症状を起こした時には、病気になっている可能性があります。

そのため、早期発見と早期治療が大切なポイントになります。

 

日頃から愛犬の様子を観察し、些細なサインを見逃さないように気をつけましょう。

後悔しないように気をつけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です