犬の目やにの原因は?緑色場合は危険?

犬の目やにの原因は?緑色場合は危険?

愛犬の目やにが気になったことがありますか?

「気になったことがありますか?」と言うより、気にしなければいけないといった方が正しいかもしれません。

 

目やにが出るのはごく普通のこと。

しかし、目やにの色によって、原因や症状はそれぞれ。

こまめに見てあげて、万が一のために豆知識は必需です。

 

犬の目やにとは?

犬の目やにの原因は?緑色場合は危険?

目やにとは目の中に入った埃や皮脂腺の分泌物、粘液などが分泌された老廃物です。

季節によって、目やにの出る量が多くなったりすることもあります。

 

人間と同じく、犬が目やにを出すのはごく普通のことですが、色によっては病気の可能性があります。

「普通のことだから」と気にしないのではなく、目やにが出ているときはこまめに拭いてあげましょう。

 

みっちー
放っおくと、後から取り返しがつかないことになるかもしれません。

 

緑色の目やには危険?

特に、緑色の目やにが出ている場合は要注意!

目やにが黄緑色、緑色に近い場合には感染症にかかっていることが多く、結膜炎、角膜炎、また緑内障の可能性もあります。

 

ウイルス菌が死んだ細胞と混じり化膿している状態で、かゆがったり、目が腫れたり、赤く充血したりすることもあります。

緑内障にかかってしまった場合は、完治することは現在の医学ではできませんが、ひどくならないように進行を抑えることができるので、早期発見が大事になります。

 

また、結膜炎、角膜炎などの病気は感染症なので、ほかの動物を飼っていられる場合は、隔離してあげることも必要となります。

これらの病気は治療しないと、視野がどんどん悪化し、目が見えなくなってしまいます。

 

まず、目やにが緑色に見えた場合は、できるだけ早く動物病院で診てもらいましょう。

犬は目の不具合を言葉で私たちに伝えることができないので、自分で痒みを抑えようと地面に頭をこすりつけることもあります。

 

埃、ごみ、土などが目に入り、悪化してしまうことになります。

 

みっちー
慎重になりすぎるくらいが丁度よいですよ!

 

目やにの原因は何?

目やにが出る原因はいろいろありますが、主な理由としてあげられるのは以下のもの。

  •  目に埃やゴミが入った(汚れ)
  •  食べ物(ドッグフード含む)によるアレルギー
  •  逆さまつげ(片目だけでもあり得ます)
  •  細菌などによる感染症
  •  目に傷をつけた(引っ掻いた、ぶつけた)

目やにが白っぽい色をしている場合、あるいは茶色、黒色、などの場合は特に心配する必要はありません。

 

しかし、放っておくと目やけの原因になるので、目やには気がつくたびに拭いてあげましょう。

先ほどもお話ししたように、黄色〜緑色に近い色をしている場合、また目やにに粘りがあるような状態であれば、すぐ診てもらってください。

 

「もしかしたら」と自信がない場合は、万が一のために診ていただくことが一番。

「多分大丈夫」は絶対避けてください。

 

犬の目やにのまとめ

家のディクシーは子犬の頃に茶色い目やにが涙のようによく出していて、ブリーダーさんに聞いたところ、「アレルギー持ち」といわれました。

しかし食生活では何をしても治らなかったので、動物病院で診てもらったところ逆さまつげが理由だということがわかり、手術をして治療していただきました。

 

またハチ公は、ドッグフードが体質に合わず、(タンパク質を多く取りすぎている、と言われました)赤い目やにをたくさん出していたことがありました。

二匹とも、早期発見できたので、軽く済みました。

 

しかし、ディクシーの逆さまつげの場合、ほっておけば、失明になっていたかもしれないと言われ、ゾッとしたことを覚えています。

 

私は毎朝、ウェットティッシュで犬の顔を拭く癖をつけています。

顔を拭いてあげ、目やにをとって、目をチェックします。

 

目やにの色はもちろん、目が澄んでいるか、どんよりしているかもチェックするようにしています。

 

犬は私たち人間と言葉ではなく、体全体を使ってコミュニケーションをとってくれます。

一つでも欠けてしまったり、不自由になると、それだけコミュニケーションをとりにくくなってしまいます。

 

小さなことも見損なわず、気がついてあげられるように毎日注意を払ってあげたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です