犬は去勢手術後に性格はどう変わる?メリットやデメリットは?

犬は去勢手術後に性格はどう変わる?メリットやデメリットは?

飼い主によって意見が大きく変わる犬の去勢手術

愛犬のことを思っての意見の食い違いですし、人それぞれのように犬それぞれなので去勢手術をするべきか否か決めるのは大変難しいことだと思います。

 

去勢手術の良し悪しを把握し、動物病院の獣医さんからのインプットも十分考慮した上で慎重に進めていきたいですね。

みっちー
そもそも、犬の去勢手術とは一体何かについてから確認してみましょう!

そもそも、去勢手術とは?

犬は去勢手術後に性格はどう変わる?メリットやデメリットは?

『去勢手術とは?何のためにやるの?』と疑問に感じている人もいると思います。

犬の去勢手術をする目的は簡単にいうと、犬のストレスを軽減することです。

 

というのも、去勢手術をすることで性機能を低下させるので、異性の犬の発情に誘惑されることが無くなります。

そのため、生殖に関するストレスを浮けなくなるのです。

 

その結果、犬は余計なストレスをうけることがなくなります。

みっちー
簡単にいうと、性欲が無くなるから、性に関する欲求がなくなり、悩まなくなるということですね。

 

去勢手術のメリットとデメリットとは?

まずは去勢手術のメリットとデメリットについてみていきましょう。

 

オス犬

メリット

発情期の心身の変化や行動のある程度の減少が期待できます。

ただ、去勢手術をするとマウンティングをしなくなると期待する方もいますがそうではありません。

>>マウンティングとは

 

あくまで、”ある程度”なのです。

その他でいうと、精巣腫瘍・前立腺疾患・睾丸腫瘍などの予防をすることができます。

 

デメリット

  • ホルモン分泌がなくなるため、太りやすくなる(個体差あり)。
  • 骨肉腫のリスクが高くなる。
  • 少数ではあるが施術する前に打たれた麻酔から覚めないで事故死するケースあり。

 

太りやすくなる

個体差はあるもの、生殖機能が低下することで、エネルギーの消費量が減ってしまい、太りやすくなるともいわれています。

なので、去勢後は餌の量に注意する必要があります。

 

骨肉腫のリスク

骨肉腫とはガンの一種です。

一度発症すると、完治するのが難しくて最悪の場合は死に至る恐ろしい病気です。

 

ある研究結果によると、去勢手術をした犬は骨肉腫になるリスクが2倍に上がるという結果が出ています。

みっちー
一番骨肉腫になりやすい犬はロックワイラーと言われています。

また、骨肉腫は6~7歳の犬が発症し易いと言われています。

 

事故

去勢手術は100%成功するものではありません。

最悪の場合は事故死にというケースも実際にあります。

 

原因は様々ですが、一般亭には麻酔の量やアレルギー反応です。

みっちー
去勢手術は良い面ばかりが目立っていますが、デメリットもしっかりと知っておきましょう。

 

メス犬

メリット

無計画、望まぬ出産を避けられる事がメリットです。

繁殖を避けたい場合、予期せぬ妊娠を回避することに繋がります。

 

そして、オス犬と同様に、生殖機能の病気である子宮蓄膿症、子宮ガン、乳がんの予防にも繋がります。

 

デメリット

  • オス犬同様に太りやすくなる。
  • 不妊手術が原因で血管肉腫が発生するリスクが高くなる。
  • 麻酔から覚めないで事故死するケースあり。
  • 性格が変化する

オス犬、メス犬ともに保護犬や(性格、恐れ、などをきちんと把握することが困難なため)ショックに弱い犬、神経質な犬などは特に要注意です。

 

去勢手術後に性格はどう変わるの?

去勢手術後に犬の性格はどう変わるかは、全く個体差があります。

やんちゃな暴れん坊がおとなしい子になった、というお話も聞けば性格はまるで同じだという方もいます。

 

性格が激しく、攻撃的な犬種は去勢手術をするとだいぶ落ち着く、というケースも聞いています。

しかし、「少し落ち着いてくれるかも!」などの理由のみで去勢手術を考慮するのはリスクが高い気がします。

 

動物病院の先生、あるいは経験のあるブリーダーさんからセカンドオピニオン、サードオピニオンをいただくといいでしょう。

とはいえ、実際に性格が変化していると報告があるので、どのように変化しているのかを確認してみましょう。

 

ヒステリック

成犬が去勢をした場合に、性格がヒステリックになる場合もあるようです。

というのも、すぐ何かに反応をしたり、やたらと吠えるようになったり子犬のような振る舞いをすることもあるとのこと。

 

メス犬がオス犬のような行動に

メス犬が避妊手術をすると、オス犬のような攻撃的な性格になる可能性がある。

また、マーキングをしやすくなるとも言われています。

みっちー
ただ、犬は性別に限らずマーキングをするので、メスが急にオスの性格になったというと難しい所です・・・。
みっちー
攻撃的な性格になるのは避けたいですよね。

 

去勢手術の時期はいつがベスト?

オス犬の去勢手術は生殖行動を行う前、つまり生後6ヶ月前後を目安として施術してあげることが一番無難です。

生殖行動後の去勢は効果がない可能性があるほか、遅すぎる施術は色々な疾患を引き起こすリスクも考えられます。

 

メス犬の去勢手術も同様、生後一歳未満のうちに行うことが勧められています。

早すぎる去勢手術は犬に悪影響を及ぼし、骨、筋肉、関節などの成長の妨げとなる場合があります。

 

また遅すぎる施術はオス犬と同様、内分秘疾患のリスクが高くなります。

成犬の去勢を考えていらっしゃる方は、動物病院で診ていただき、相談して決めましょう。

 

若いほうが良い理由

オス犬、メス犬どちらも年齢が若いうちに去勢手術をしておくのが望ましいです。

その理由は、手術後の回復が速いからです。

 

犬の年齢が若いほど体力に余裕があるので、手術後の回復が速いと言われています。

 

また、オス犬に限って言うと、メス犬の発情に一度も誘われること無く生殖機能を衰えさせることで、その先、生殖に関するストレスを軽減することが出来るのです。

みっちー
生殖に関する本能が目覚める前に去勢をすれば、犬は生殖に関することを”知らない”まま人生を送るので、ストレス軽減に繋がると言われています。

 

まとめ

最終的に去勢手術をするかしないか決断を下すのは飼い主のあなたです。

私自身今まで10匹以上の犬を飼ってきましたが、去勢手術をした犬は実は1匹もいません。

 

運が良かったのでしょう、精巣腫瘍、前立腺疾患、睾丸腫瘍などにかかった子も今のところいません。

でも毎年数回血液検査、レントゲンなどをして健康診断をしていただいていますが、行く度かなりドキドキしている自分がいます。

 

しかし、それは多分去勢手術をしても同じく心配するでしょう。

施術していないので「していた方がよかったかも!」と思う自分がいて、してれば「もしかしたらやっぱりしなかった方がよかったのかも!」と思う自分がいるのでしょう。

 

健康な臓器を「万が一」のためにリスクがある全身麻酔して取り出してしまうのが犬のためなのか。

「万が一」のためにリスクはかけず、早期発見、早期治療を勤めるのが犬のためなのか…難しい選択ですね。

 

親身になって愛犬のために「一番の幸せ」を優先に考えて決断することが一番正しい選択になるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です