犬の歯磨きのやり方や頻度はどのくらい?

犬の歯磨きのやり方や頻度はどのくらい?歯は万病の元!?

あなたは愛犬の口の中をこまめにチェックしてあげていますか?こまめに歯を磨いてあげていますか?

犬は口の周りを触られることは大抵嫌がりますよね。

 

口の中に手やものを突っ込まれるなんてまっぴらごめん。

  • 「かわいそうだから」
  • 「逃げられちゃうから」
  • 「嫌がるから」

歯磨きを諦めかけてしまう気持ち、よく分かります。

でも、歯磨きは愛犬の健康を維持する上で不可欠なこと。

 

嫌なことでも色々工夫して、愛犬の長寿のために頑張らなくてはいけませんね。

歯磨きの重要性とやり方、アイデア、まとめて見ました。

 

悩んでいるあなた、諦めかけているあなたの参考になれば嬉しいです! 頑張れ!頑張れ!

みっちー
苦戦していても愛犬の健康のためにも歯磨きのやり方を確認しておきましょうね!

 

動物って歯磨きが必要なの?

犬の歯磨きのやり方や頻度はどのくらい?歯は万病の元!?

犬の歯磨きが必要と耳にしたことがあると思いますが、その時に一つ疑問に感じる事があるのではないでしょうか?

『野生動物は歯磨きしないよね・・・?』と疑問に感じていると思います。

 

実は、野生動物は歯磨きをしなくても虫歯になることは殆どないのです。

というのも、野生動物の餌には糖分が殆ど含まれていませんし、生の餌を十分に浴感で食べているため唾液がたくさん分泌されているので歯の病気になる確率が極端に低いのです。

 

犬の歯磨きを疎かにしていると・・・?

愛犬の口の中の食べカスは菌膜(ペリクル)はわずか24時間で歯垢(プラーク)と変わって行きます。

そして、歯垢(プラーク)はわずか2~3日で歯石まで症状が発展します。

他の病気に比べ、見過ごせられがちですが、歯周病、歯槽のう漏、虫歯は万病の元!

 

たかが歯磨きと疎かにしていると、そのうち大変な事になってしまいますので、歯磨きは必須となります。

 

口の中の食べカスは日頃の歯磨きで簡単に落とせます。

しかし、ないがしろにすると歯茎から歯周病菌が侵入して血管に入ってしまい、時には臓器(心臓や腎臓)に疾患を引き起こす事もあります。

 

また耳、頰から膿が流れ出し、顎の骨が腐り、折れてしまうケースもあるようです。

みっちー
こんな恐ろしい事になってからの治療は犬があまりにもかわいそうです。

痛みはもちろん、治療費も高額になります。

平均3歳くらいまでには約80%もの犬がすでに歯周病にかかる、と言われています。

 

自分の日頃の歯磨きと同じく、愛犬の歯磨きも日頃から大事!

 

歯垢について

歯垢とは、歯と歯との隙間にたまった食べかすに細菌が繁殖してしまい、ネバネバとした汚れのことです。

付着した歯垢は水に溶けづらいので、口を濯いでいるだけでは取り除くのは難しくなっています。

 

歯石について

歯にできてしまった歯垢を放置していると比較的早い段階で歯石になってしまいます。

歯石オは、唾液中の成分と歯垢が合わさることで徐々に石みたいに固まった汚れのことです。

 

口臭の原因や病菌にもなります。

みっちー
犬だけでなく、人も同じようになるので気をつけましょうね!

 

歯周病の症状とは・・・?

犬の歯磨きを疎かにしていて、歯周病になってしまうとどんな症状のなってしまうのかを見ておきましょう。

そうすることで、『絶対に歯磨きをしなきゃ!』と思うはずです。

 

初期症状として、家具魏の一部が赤黒く変色したり、晴れてきます。

そして、だんだんと歯の根元に膿が蓄積していき、出血したり口臭がきつくなっていきます。

みっちー
この頃になると異変に気がつくことでしょう。

ここから進行してしまうと、歯茎に膿がさらに蓄積してしまうことで歯が抜け落ちてしまうこともあります。

 

そして、歯周病の怖い所は歯以外にも悪影響がでることなのです。

具体的に言うと、膿がたまり炎症が広がっていくことで、鼻腔にも進行してしまい、結果として目の下が晴れたり、鼻水なども引き起こしてしまいます。

 

先程もちらっとおつてしましたが、最悪の場合は血管に入ってしまい、心臓などの臓器にも悪影響を出してしまうことなのです。

だからこそ、歯周病は万病の元と言われているのです。

 

歯周病は治療できるの?

歯周病になった場合、軽度なら治療は比較的簡単に行うことができます。

歯周病の治療として行われるのは、犬の歯についた歯石を取り除いた上で膿が溜まっている部分にも除去作業を行います。

 

掃除が終わったら、抗生物質を用いて細菌の増殖を防ぎます。

みっちー
ご自身で犬の歯についた歯石を取り除くのは出欠などの原因になるので絶対にやめておきましょう!必ず獣医などの専門家に任せるようにしましょうね。

 

歯周病になりやすい犬の特徴とは?

実は、歯周病になりやすい犬には共通点があると言われています。

その共通点とは以下のものです。

  • 短頭種
  • 小型犬
  • 高齢

基本的には小さい犬種が成りやすいということに成ります。

 

そして、高齢と言うのは、具体的にうと、3歳以上から当てはまるので、気をつける必要があります。

 

また、年齢を重ねるほど歯周病の可能性は高くなるので、年々注意深さがひつようになります。

この他にも、食事の時に噛まずに飲み込む癖のある犬の場合は唾液の分泌量が減ってしまうので口内環境が悪くなりやすいです。

 

みっちー
小型犬は歯並びが悪い傾向にあるので、歯垢を除去しづらいので、歯周病になりやすいのです・・・。

 

犬の歯磨きの頻度はどのくらいがベスト?

犬の歯磨きの頻度は毎日がベストです!

とはいっても、毎日犬の歯磨きをする時間がトレない人もいると思います。

 

毎日が理想ですが、別に毎日ゴシゴシ愛犬の歯を長時間磨く必要は必ずしもないのです。

最低でも、週に3回を行うようにして、1回目安は3分は行いましょう。

みっちー
長時間やりすぎる必要はありませんよ!

忙しくて時間がなかなか取れない方も、それくらいは行いましょう!

 

また、犬がどんな餌を食べているのかによっても歯磨きの頻度は異なってきます。

柔らかいものばかり食べている犬に歯垢はつきやすいので、特にウェットタイプのドッグフードを与えている方は、できるだけ毎日磨くように頑張ってください。

 

硬いものを噛み砕く時に歯を磨く効果があるとされているので、家では生骨など週に何回か与えるようにしています。

 

出典http://blog.livedoor.jp/uesugipet/tag/%E7%8A%AC?p=2

こういった歯に汚れがついている場合は即刻歯磨きをヤリましょう!

放っておくと先程もお伝えしたような症状を発症してしまいます・・・。

 

歯についている黄色っぽいものが歯垢となります。

 

とはいっても、犬は虫歯になることはほとんど無くて、歯肉炎や歯周病などの病気になることが問題となっているので、歯磨きをしているだけでは不十分なのです。

しっかりと正しいやり方で行うのがベストとなります。

 

歯磨きのやり方を教えます!

犬の歯磨きのやり方をしっかりと抑えておくことで歯周病などを予防することができるでしょう。

先ほども書きましたように、犬には触られるのが苦手なところがいくつかあって、その一つが口の周りです。

 

いきなり歯磨きに慣らすのではなく、まずは口元を触られるのを少しずつ慣らせましょう。

私は子犬の時から顎の下をなでてから(撫でられるのが好きな所)、そのまま鼻、口の周りをなでるようにしていました(撫でられるのが嫌な所)。

 

ちょっと撫でてから(嫌がって避けようとする頃)、すぐまた耳の後ろ、背中を(撫でられるのが好きな所)撫でて終えるようにしていました。

 

ポイントは、されて嫌なことを慣れさせる時は必ず楽しく終わらせることです。

長い時間ではなく、ほんの30秒〜1分から始めてください。

みっちー
運動で言う準備体操の・ようなものとなっていて、これを行わないことには何も始まりません!

 

もし、思うように触らせてくれなかったとしても絶対に叱らないこと、そして無理やり触らないことが大切です。

先程もお伝えしたようにm犬は口周りを触られるのが大嫌いなのです。

 

自分自身で考えてほしいのですが、嫌なことをされたら抵抗しますよね?

それと同じことです。

 

なので、少しずつ慣らしていくようにしましょう!

焦らず、一歩ずつ一歩ずつ・・・。

 

やり方1

大分慣れ始めたようでしたら、今度は口の中に人差し指を入れることになれさせます。

はじめは前歯のあたりだけコシコシと 優しく擦ってあげてください。

 

そして、指で擦ることにも慣れてきたら犬用の歯磨き粉をつけて歯に触るようにして、犬に歯磨き粉を慣れさせるようにします。

そこで、一回褒めます。

 

さらに、唇をめくッて下さい。

それも我慢で来たらもう一度褒めて上げましょう!

 

やり方2

前歯が擦られることに割となれたら、今度は少しずつは後ろの方に人差し指を回していき、同じくコシコシと指でこすってあげてください。

指が口の中に入れられることになれ始めたら、ガーゼなどを指に巻き、歯磨きチャレンジ開始です!

 

前歯から始め奥歯まで丁寧に、歯の表と裏を擦ってあげましょう。

所有時間、2−3分で十分です。

 

ガーゼで毎日歯の手入れをして入れば、これだけで割と食べカスなどは落とせますが、目指すはやはり歯ブラシでの歯磨きです。

 

やり方3

ガーゼで歯のお手入れに慣れ始めましたら、こんどは歯ブラシにチャレンジ。

最初は歯ブラシを口に入れることさえ嫌がるかもしれません。

 

そういう場合は歯ブラシにお肉の匂いをつけたり、バターをこすって匂いをつけたりして、無理やり口の中に入れず、自分で舐めさせたりして慣らせましょう。

絶対に叱らないでくださいね、悪循環になってしまいますよ。

 

歯ブラシで磨く時も、ガーゼと同じくまずは前歯からチャレンジ。

少しずつ、奥歯へと慣らしていきましょう。歯の裏も忘れず素早くゴシゴシ!

 

毎日(最低週に2−3回)ほんの2−3分かけて磨いてあげるだけで、あとあとからたくさんの痛い思いや、高額な治療費を避けることができます。

 

注意点

力を入れすぎると痛がったり反感を感じたりするので、力の入れ具合にはあくまでも気をつけて犬の反応に気を配りながら調整してください。

そして、どんな時でも犬を叱らないで下さい。

 

少しステップアップしたら、必ず褒めて上げましょう!

 

どうしても、犬が歯磨きをさせてくれない場合はおやつを使うことで、歯磨きが楽しいことだと覚えさせるのもありです。

歯磨きをするのにおやつを使うのは意味が無いと思われるかもしれませんが、ずっと使い続けるわけではなく、歯磨きは習慣化するまでおやつを使うなおして、少しずつ慣らしていきましょう!

 

犬が歯磨きをさせてくれない!

『どんなことをしても、犬が歯磨きをさせてくれない!』と困ってしまうことも有りますよね。

子犬の時に歯磨きの習慣を見に付けておかないで成犬になると歯磨きはますます嫌がってしまいます。

 

その時に、無理に押さえつけて歯磨きをしてしまうと、信頼関係が崩れたり、余計に歯磨きを嫌いになる一方です。

強く抵抗をする場合は先程紹介した方法を時間を書けながら少しずつ慣らしていくようにしましょう。

 

まずは、口を触らせることから始める。

とはいっても、本当に数秒でも良いので少しずつ取り組んでいきましょう。

 

そういった長期的視野を持って、鳴らしていきましょう!

また、どうしても歯磨きができない場合は犬のデンタルグッズとしてスプレータイプのオーラルガードがあります。

 

スプレータイプなので、噴射するだけで口内環境を整えてくれます。

 

それと、歯茎に塗るタイプのデンタルグッズがあります。

寝る前などに塗るだけで、歯垢を取り除いてくれるので、歯磨きをする時間がとれない飼い主さんにもおすすめです。

 

みっちー
歯磨きができないからこそ、デンタルグッズを活用して、犬の歯周病ケアをしてあげるのが良いんです!

 

硬いものは効果あり!でも注意点が・・・

犬に硬いものを上げると、歯のケアをすることができたり、歯磨きの効果を得ることが出来ると言われていますが、一つだけ注意点があるのです。

というのも、硬すぎる素材のものを上げてしまうと歯が折れたりまったり口内を傷つける可能性があります。

 

そうなると、歯の折れたところに細菌が溜まってしまい、口内環境が悪化してしまいます。

 

そして、デンタルロープのようなおもちゃは、おもちゃ自体に歯石がついてしまい衛生的に良くないのです。

その汚いおもちゃを犬が噛んだら・・・。

 

悪循環の始まりです。

なので、一度犬に与えたアトは、しっかりと洗ったて乾かすなど、常に着れない状態にしておくことが大切です!

 

子犬に歯磨きはした方がいいの?

成犬になってから歯磨きを習慣化させるのは大変なので、出来る限り子犬のうちから慣れさせるほうが良いでしょう。

 

一般的には、犬は1歳半~2歳を過ぎると歯垢が蓄積しやすくなると言われています。

なので、その年齢になる前に歯磨きとは行かなくても、歯を触らせることに慣れさせたり、口周りを触れる用にします。

 

ただ、子犬のうちは、歯の生え変わりのタイミングが早いので、歯が生えそろうまでは歯磨きは行わないようにしましょう。

歯の生え変わりの時期に歯磨きを行ってしまうと、歯茎を傷つけたり炎症反応を誘発してしまう可能性があります・・・。

みっちー
一度歯磨きで居たい思いをさせると、歯磨きをするのが困難になってしまいます・・・。

 

そのため、子犬のうちは、歯磨きではなくて口周りを触ることに慣れさせることにしましょう!

また、定期的に口の中をチェックして、歯垢があまりにも溜まっているようであれば、ガーゼを使って優しく拭き取ってあげたり、歯ブラシで優しくこすって落として上げましょう。

 

犬の歯磨きのやり方と頻度のまとめ

愛犬たちには理解させることができないけど、健康維持のためとても大事な「大っ嫌いな歯磨き」。

赤ちゃんと同じですね。

 

無理矢理磨いて、自分にも犬にもストレスになるようなことは避けて、まずは自分からリラックスすることが大切。

あなたがピリピリ緊張していたら、犬はすぐその緊張感を感じて反応します。

 

犬に「歯磨きは嫌でけど、歯磨きの後は楽しいことがある、美味しいものがいただける!」という理解を与えて見てください。

褒めながら、遊ばせながら、終わりにはご褒美やおやつを与えたり、「歯磨きの後にはお散歩!」なんてアイデアもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です