犬が餌を食べないし吐く!元気も無いし心配!

犬が餌を食べないし吐く!元気ないし心配!

『犬が餌を食べないし吐く!元気ないし、心配・・・』とお悩みではありませんか?

私たち人間と同じく、犬も時々食欲をなくしてしまうことがあります。

 

特にガツガツ食べる愛犬が食欲をなくしてしまう時は心配でこっちまで食欲をなくしてしまいますよね。

私の場合、自分も食欲をなくすばかりではなくまともに寝られなくなってしまいます。

 

しかも、食べないのに犬が吐くことありませんか?

食欲がなければ元気もない、食べないのに吐く。

 

困りますよね。

どんな原因が考えられ、どんな対処をすればいいのでしょうか。

 

犬が餌を食べないから心配・・・

まず、犬がどんな理由で食欲をなくしてしまうのか、考えられる原因を見ていきましょう。

 

•お腹が減ってない

ご自分の飼っている犬種、運動量などに合った餌の量を与えていますか?

餌をあげすぎていたり、おやつを与えすぎていませんか?

 

おやつはいつだって喜んでもらいますが、犬によっては、おやつをどこかにただ隠して食べてないこともあります。

みっちー
要チェックですね。 

 

• ストレス(精神的な問題)

  • ご飯を安心して食べられない。
  • 気が散ってしまってリラックスして食べる環境がない。
  • 新しい環境、新しいメンバーにまだ慣れてない。

 

こんなことが原因でストレスがたまり、食欲をなくしてしまう犬も少なくはありません。

犬はストレスに弱いため、日頃からストレスをタメないように気をつけてあげる必要があります。

 

甘え

  • 可愛くて、可愛くて、お茶碗からではなく、手で餌を与えてしまう。
  • 好き嫌いがあれば、ついつい好きなものだけいっぱいあげちゃう。
  • 餌を食べなければ、おやつをいっぱいあげてしまう。

あなたの気持ちはよーくわかります。

私も今だに本当に気をつけないとそうしがちです。

みっちー
自分のなかで甘えを正当化しようとするもう一人の自分がいて、時にはイライラしてしまうほどです!

犬はあなたのそういった気持ちをすぐキャッチし、どんどん甘えてきますので注意が必要です。

 

具合が悪い(体調を崩している、病気)

問題はこれ。

犬は大抵2日間ほど食べていなければ理由はともかく我慢できなくて食べ始めるのが普通です。

 

3〜4日経っても断食状態が続くようであれば、何らかの病気にかかっていることが考えられますので要注意です。

 

必ず動物病院へ行って、診てもらいましょう。

大型犬は小型犬に比べ食べなくても耐えられる日数が多いですが、いずれにしろ、早期治療を強くお勧めします。

 

餌は食べないのに吐くんだけど!?

食欲がない、餌を全然食べたがらない理由として考えられるケースをあげました。

しかし時には食べないのに吐くケースもあります。

 

食べてくれないだけで死ぬほど心配なのに、吐かれてしまうと立っても座ってもいられません。

 

お腹が空っぽの時に吐くものは大抵黄色っぽい胆汁。

匂いも鼻にツーンとくるような強いもの。

これは胆汁嘔吐症候群とか空腹嘔吐と呼ばれています。

 

食べないのに吐く原因として考えられるのは以下の通り。

原因①異物停留(残留)

特に若い犬は人間の赤ちゃんのように、なんでも口に入れて時には食べてしまうことがあります。

プラスチック、小さなおもちゃ、ゴミ、根っこ、などなど。もちろんこういったものは消化されないのでお腹が具合を悪くしてしまいます。

みっちー
成犬であればもう少し賢いので、それほど心配はしなくてもいいですが、X線を撮って念の為に確認して見るといいですね。

 

胃腸炎

誤飲、誤食をしてしまい、急性胃炎を起こしてしまったり、感染症などが原因で胃炎を起こしてしまう場合があります。

胃腸炎は胃や腸の炎症であり、突然の食事の変化を含む多数のものによって引き起こされる可能性があります。

 

犬が誤飲してしまう恐れがあるものは、できるだけ届かない所に置くなどの心がけが必要ですね。

 

膵炎

脂肪分の多いものを食べすぎたり、肥満気味の犬が時々かかる膵炎。

突然吐き出したり、元気がなくなったり。

 

急性膵炎は消化器系疾患の中でも最も怖い病気の一つで、早期発見、早期治療が必需です。

 

放っておくとこんなことに…。

とはいえ、もちろんケースバイケースですから、あなたの愛犬の食欲不振、嘔吐の原因、元気がない原因はコレ!とは断言できません。

 

私の場合、様子を見るのは最高2日間です。

排便、排尿の様子、他、日常の様子をよく観察して状態が良くならないようであれば、必ず動物病院で診てもらうようにしています。

 

原因が膵炎であろうと、誤飲誤食であろうと、胃腸炎であろうと、大半は緊急性を要します。

有害なものを食べてしまったり、除草剤などがかかった草を食べてしまったり、舐めてしまって中毒になっていたり、腸閉塞、胃捻転になりかけているかもしれません。

 

話せない愛犬の命に後悔するようなことがないように、早期発見、早期治療に励みましょう。

病気の可能性があるのに、放っておくと、最悪の場合は死に繋がります

 

そうならないためにも、何度も言うように、早めの対処を行っておきましょう。

 

対処法はこれ!

私の「愛犬の様子の見方」をご紹介します。

  1. 愛犬が最後に嘔吐してから24時間が経過するまで食べ物は与えません。腸の休養タイムです。
  2.  最後に嘔吐してから4時間ほど経過した後、少量の水を少しずつ与えてみます(のどの乾いた愛犬を見るのはとても苦しいことですが、頑張っています)。
  3. 与えた水を受け付けることができているようであれば 、 水で50:50に希釈した鶏肉または牛肉の煮汁を与えます(少量の液体を頻繁に与える)。
  4. 24時間経って嘔吐しなければ、少しずつ固形物を与え始めます。
    白米75%と25%の低脂肪タンパク質(シチメンチョウ、あるいは鳥の胸肉)を柔らかく煮たものを与えます。3〜4時間毎に少しずつ食べ切られる量を与えてみます。
  5. 2日後、大丈夫なようであれば犬に通常の食べ物を与え始めます。
  6. この間、犬はできるだけ安静させています。

 

これはあくまでも私の「様子の見方」です。

先にも書いたように、状態がよくならなかったり、あるいは悪化するようであれば、「様子見タイム」は時間切れとみて、必ず動物病院へ足を運びます。

 

犬が餌を食べないことのまとめ

いかがでしたか?

少しは参考になったでしょうか。

 

もう一つ、経験から学んだことは信頼できる獣医さんといつもコミュニケーションをとってこまめに愛犬の健康をチェックしていただくこと。

特にこれといった症状がなくても、私は定期的に愛犬の健康診断をしていただくために動物病院へ足を運びます。

 

人それぞれ、犬それぞれです。

いざという時ネットで原因を検索したり、対処法を探すよりあなたもあなたの愛犬のこともよくご存知の獣医さんと相談できること自体、大きなサポートですよね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です