ハムスターの飼育準備!一体何をどうしたら良いの?

ハムスターの飼育準備!一体何をどうしたら良いの?

『ハムスターの飼育準備は何をしたら良いのか全くわからない!!』とお困りではありませんか?

この記事では、ハムスターを迎え入れるにあたって、飼育の準備はどうしたら良いのかについて書いています。

 

これからパートナー、家族としてハムスターを向かいれるための飼育準備を一緒に整えていきましょう!

 

ハムスターを飼育する!!

ハムスターは小さくてとっても愛らしい見た目をしていますよね。

そのため、昔からペットとして根強い人気を誇っています。

 

あなたも、そういった魅力につられてハムスターを飼育しようと考えているのではないでしょうか?

さて、相当入っても、飼育する準備を整えておかないといけませんよね。

 

でも、一体何から準備をすればよいのか。

『まずはともあれ、ハムスターから購入スべきでしょ!』と考えている場合は焦りすぎです!

 

いきなりハムスターを購入しても飼育する環境を整えておかないといけません。

みっちー
ただ、どの種類のハムスターを飼育するのかは決めておいたほうが良いですよ!

 

というわけで、まずはハムスターの週類から、準備スべき飼育道具についてなど順を追って説明していきますね!

 

ハムスター選びについて!

 

ハムスターと入ってお、種類があり、それぞれ特徴が異なります。

一般的なペットショップで見かけるハムスターは大きく分けると2すに分けることができます。

  1. ゴールデンハムスター
  2. ドワーフハムスター

さらに、ドワーフハムスターは3つに分けることができてジャンガリアン、キャンベル、ロボロフスキーの3種類。

 

つまり、一般的なペットショップで見かけるハムスターは基本的に以下の4種類。

  1. ゴールデンハムスター
  2. ジャンガリアンハムスター
  3. キャンベルハムスター
  4. ロボロフスキーハムスター

となっています。

どれを選ぶのかは特徴を見て決めてくださいね!

 

①ゴールデンハムスター

最も有名な種類tトモ言える品種。

昔からペットとして飼育されています。

 

性格はおっとりしており、人に慣れやすいので飼育しやすいです。

ただ、縄張り意識が少し強めなところには注意て必要です。

 

大きくなると全長⑳cm、体重200gほどになるので、思っているよりも大きいですよね。

 

②ジャンガリアンハムスター

ジャンガリアンハムスターも性格はおっとりしています。

人に慣れやすく、ハムスター入門としても飼いやすいので、一番初めはおすすめできます。

 

ペットショップで見かける多くはジャンガリアンの事が多いです。

 

③キャンベルハムスター

ジャンガリアンよりも体が少し大きく、人に慣れづらい性格。

また、気が少し強い特徴があります。

 

ただ、飼いやすい品種ではあるので、飼ってみるのもよいかもしれません。

自分になつかせたい場合は、子供のころから飼育してあげることがポイントです!

 

④ロボロフスキーハムスター

体は一番小さく、動きが素早いので、見ていて楽しめる品種となっています。

ですが、人になつきづらく臆病な性格となっており、初心者さんの場合は飼育しづらいです。

 

複数で飼育することが出来るので、ケージの中で動き回っているのを見て楽しむのが良いでしょう。

 

大きくなっても、体長は10センチ程。

体重は30gも行かないくらいとなっていますので、ゴールデンよりもかなり小柄というのが分かりますよね。

 

ハムスターの入手先は?

ハムスターの入手先は基本的にはペットショップとなります。

通販でも購入することは可能ではありますが、ペットショップで実際に自分で絵欄で元気の良さそうな個体を選ぶのが良いでしょう。

 

また、ペットショップ意外で入手する方法となるのは友人から貰ったり、貰い手を探している人から譲ってもらうなどが有ります。

今はネットの掲示板などでも探すことが出来るので、お金をかけたくない場合は探してみるのが良いかもしれませんね。

 

ですが、飼い主としての意識があるのか同化が問われると思うイノデ、そこのはしっかりとしておきましょう!

 

飼育のために準備しておく道具は何?

これからハムスターを迎え入れるにあたって必要な道具を記載しておくので、確認しておきましょう!

 

①ケージ

まずケージを準備する必要があります。

ケージとはハムスターの家になる道具のことです。

 

ケージは大きく分けると②種類。

  1. 金網ケージ
  2. 水槽ケージ

この2種類に分けることができます、

みっちー
それぞれの違いを確認しておきましょう!

 

金網ケージ

メリット。

  • 風通しが良い
  • 掃除がし易い

デメリット。

  • 金網に脚をはさみ、ハムスターが怪我をする可能性がある
  • 金網をかじり歯を折る口の周りを怪我することがある
  • 呼び登った場合に落ちて怪我をする危険性がある

 

みっちー
怪我をする可能性がありますが、気温が高くて湿度も高い場合には金網ゲージが良いでしょう!

 

水槽ケージ

メリット。

  • 保温性がよい
  • 汚そしづらい
  • 分や床材の飛び散りが少ない

デメリット。

  • 風通しが悪く、湿度が高くなりやすい
  • 掃除に手間取る
みっちー
冬などの寒くなる季節には、水槽ケージを選ぶのが良いでしょう!

 

②巣箱

ハムスターは元々、実を守るために、巣穴に隠れる習性を持っています。

ペットとして飼育する場合でも、安心させるためにも巣箱を用意してあげるのが良いでしょう。

 

巣箱には種類があります。

  • 陶器製
  • 木製
  • プラスチック製

 

基本的にはかじっても大丈夫なように、木製を選ぶのが良いでしょう。

 

③床材

ハムスターを飼育する際、ケージの床には必ず床材を敷く必要があります。

市販されていますが、新聞などでも代用することができます。

 

タオルなどを使ってしまうと、脚を引っ掛けて怪我をする危険性があるので、注意しましょう。

床材には以下の種類があります。

  • シダーチップ・パインチップ
  • 等も残しチップ
  • 牧草
  • 新聞

 

シダーチップ・パインチップ

木の香りがするので防臭効果を期待できますし、値段も安く住みます。

ただし、加熱していないものを選んでしまうとアレルギーを起こす危険性があります。

 

とうもろこしチップ

アレルギーをおこしづらく、吸水性がよい。

一方で一部では取り扱っていないことがあります。

 

自然の環境に近く、ハムスターをのびのびと飼育することができます。

掃除がしづらく、土の中に虫やばい菌が潜んでいる可能性があります。

 

牧草

たとえ、ハムスターが食べてしまっても無害なので、安心デス。

吸水性が悪く、価格も高めという欠点があります。

 

新聞

家にあるので、気軽に用意できます。

ただ、ハムスターにインクが写ったりすることもあるので、余りお薦めはできません。

 

④トイレ

ハムスターがトイレを出入りしやすいように、高さはしっかりと決め上げるか入りやすい構造になっているものを選んであげましょう!

 

トイレの中に砂を入れるタイプがありますが、食べることもあったり、するので、基本的にはオススメシマセン。

 

⑤餌入れ

ハムスターが餌を食べるために必要なもの。

ぐらつかず、ひっくり返らず、安定感のあるもの。

そして、口が広いものを選ぶとハムスターも餌を食べやすくなります。

 

かじられないように陶器製の物を選ぶのがおおすすめです。

 

⑥移動用ケージ

ハムスターのメインケージを掃除するときのために用意しておくべきもの、

また、ハムスターが万が一病気に担ってしまった際に、入れて運ぶためにも用意しておくのが良いでしょう。

 

⑦水飲み

ハムスターはお皿で水を与えるわけではありません。

床に置くタイプを選んでしまうと、ハムスターが水煮入ってしまうことが有り、衛生的にもよくありませんし、なによりハムスターは水が苦手なのです・・・。

 

そのため、ボトル式の休止域を選んであげましょう!

 

⑧ヒーター

体温調整が苦手な、ハムスターのため、寒いときに備えてヒーターを用意しておきましょう!

ハムスター用のではなく小型動物用のでも良いので準備しておくのが良いでしょう。

 

⑨おもちゃ

ハムスターは運動がすきなので、運動用のおもちゃを用意して上げましょう。

具体的にあは回し車やトンネルなどがあります。

 

回し車

回し車はハムスターが大好きなおもちゃです。

ただ、脚を挟まないように、すきまが無いものを選んであげましょう!

 

 

みっちー
ハムスターをボールの中に入れるハムスターボールというのが有りますがおすすめできません。
みっちー

 

 

⑩掃除用具

清潔にする必要があるので、準備しておきましょう。

ハムスター専用の小さな放棄やちりとりなどがあるので、準備しておくと掃除が楽になります。

 

また、不要になった歯ブラシを用意しておくことで、細かい所をう歯するときに役立ちます。

絶対に用意しておくべきものが一つあります。

 

それは給水器を洗うブラシです。

縦に細長いブラシだけは準備しておきましょう!

 

⑪木の枝

ハムスターが自分をメンテナンスするために必要な道具。

ハムスターの歯は障害伸び続けます。

 

そのため、自分で削り続ける必要があります。

そして、木の枝を用意しておくことで、ハムスターはかじることができて、歯を削れます。

 

みっちー
基本はここで紹介した道具を準備しておけばひとまず大丈夫です。
みっちー
飼育していく上で何か必要になったらその都度買い足していきましょう!

 

ハムスターの飼育準備のまとめ

l今回はハムスターの飼育準備についてお伝えしました。

飼育するためには思っているよりも、道具が必要になります。

 

ですが、しっかりと長生きさせてあげるためにも、飼育の準備は怠らないようにしっかりとしておきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です