フェレットの性格や特徴は?飼育したくなる理由とは一体?

フェレットの性格や特徴は?飼育したくなる理由とは一体?

『フェレットの性格や特徴を知りたい!』と考えている人に向けての記事となっています。

小動物として、フェレットはとても人気があります。

 

見ているだけでも癒されるフェレットですが、一体どのような性格をしているのか、どんな特徴を持っているのか。

フェレットの飼育をお考えの場合はまずはこういったことをしておくことが大切となります。

 

比較的飼いやすいと言われているフェレットの性格や特徴についてみていきましょう!

 

フェレットは飼いやすい?

フェレットの性格や特徴は?飼育したくなる理由とは一体?

近年ペットブームとなっていますが、その中で飼育しやすいペットに人気が集まっています。

もちろん、玄人であれば飼育の難しいレアなペットを飼育すル場合もありますが、多くの人は底まで手をかけることができないので、比較的飼育難易度が低いかわいいペットに行き着きます。

 

そして、飼育難易度が低くて可愛いペットとして人気を集めているのがフェレットになります。

ペットショップの店員さんも『フェレットは初心者さんでも飼いやすいですよ!』とおすすめするほど。

 

そういったことからもフェレットの飼育をしたい人の数は多くなっていますが、フェレットがどんな動物なのかを知っておくことでより一層愛着を持てることでしょう!

 

そもそもフェレットはどんな動物?

フェレットは分類はイタチの仲間となります。

フェレットはヨーロッパケナガイタチもしくはステップケナガイタチを家畜化した動物でヨーロッパでは昔から飼育sれていました。

 

もともとは狩猟などのお供を初め、様々な用途があったフェレットですが、近年はその愛くるしい姿からペットとして飼育されるようになってきました。

日本で、本格t系にペットとして四句されるようになったのは1993年頃となっており、世界でみると割りと最近のことなのです。

 

フェレットの特徴とは?

フェレットにはどのような特徴があるのかチェックしていきましょう!

 

体長

フェレットの成体は35~50cmほどの体長となっています。

体長に関しては、メスがオスよりも小さい傾向にあります。

 

視力

フェレットの特徴として視力が弱い事が挙げれます。

しかし、視力が弱い分発達した器官があります。

 

それは、嗅覚と聴覚です。

そして、視力は弱いのですが、動体視力だけは高く、素早く動くものに対して反応を示します。

 

毛色

フェレットの毛色は種類によってまちまちですが、数多くありどのフェレットも特徴的となっています。

 

独特の臭い

イタチ科に属する動物は全て肛門近くに臭腺と呼ばれる臭いを出す器官を備えています。

この臭腺を使うことで縄張り主張や敵への威嚇を行います。

 

そして、フェレットはイタチ科なので、例外ではなく臭腺を備えています。

ただ、基本的にペットショップに並んでいるフェレットは臭腺と生殖器官を手術によって取り除いています。

 

取り除いているとは言え、臭いが完全に消えるわけで無いので飼育するときには独特の臭いがしてしまいます。

 

みっちー
あらかじめ知っておくことで覚悟を決められますよね。

 

フェレットの性格は?

 

実は、フェレットは海外に多くのファーム(飼育場)があります。

そして、フェレットの性格はファーム毎に異なるので、一概に言うことはできません。

 

それに、人間と一緒で1匹毎に違います。

なので、完全に当てはまるわけではありませんが、フェレットの種類毎の性格の傾向をご紹介していきます。

 

マーシャルフェレット

日本のペットショップで一番多く流通している品種となります。

 

穏やかなで落ち着いた性格をしており、噛み癖なども少ないので、飼育しやすいので、初心者の方にもっともおすすめされている種類となりますl.

 

パスパレーフェレット

丸い顔とがっちり目な体型が特徴です。

マーシャルフェレットについで人気の高い品種となっており、流通量は多いです。

 

性格は活動的で遊ぶことが大好きな傾向にあります。

とはいえ、激しい性格ではなくどちらかと言うとおとなしい方に分類されるので、マーシャル同様に飼育しやすいです。

 

カナディアンフェレット

こちらも、ガッチリとした体型で顔は丸めなのが特徴。

噛み癖が気になることもあります。

 

カラーバリエーションは少ないですが、耳に入れ墨が入っているのが位置bンの特徴となっています。

噛み癖があったりするので、初心者のうちは飼育が難しいです。

 

アンゴラフェレット

大きな体と独特の鼻が特徴の品種。

毛はふわふわしており、さらに大きく見えるので存在感はとてもあります。

 

カナディアン同様に噛み癖が気になるので初心者向きではありません。

被毛が5~10cmの長さのアンダーコートだけで構成されている特徴もあります。

 

ちょっと大きめのフェレットを飼育したいときにはおすすめです。

 

ニュージーランドフェレット

ニュージーランドフェレットの特徴は何と言っても、最も原種に近いことです。

大きく育つ品種で、オスでは2kgを越えることもあるほど。

 

大きい上に、噛み癖があるので、飼育するのは大変です。

また、見た目は丸い顔と目の周りにあるパンダ模様が特徴的です。。

みっちー
原種に使いので、しつけをしないと凶暴になってしまうこともあります。

 

マウンテンビューフェレット

ニューヨークで育てられている品種。

耳に入れ墨が入っているのが特徴で、体格や性格はマーシャルと似ていますので、初心者でも飼育しやすいですが、日本ではほとんど流通していません。

 

ルビーフェレット

アメリカアイオワで繁殖されている品種。

日本では、滅多に見ることはできないので、日本では珍しい品種といえます。

 

かつては、毛皮用に使われていたので、毛並みが良い特徴があります。

 

フェレットの性格と特徴のまとめ

 

今回はフェレットの性格と特徴をお伝えしました。

フェレットは飼育しやすいペットですが、品種によっては噛み癖があったりするので、しっかりと選ぶことが大切です。

 

品種によって色々な性格や一面を見せてくれるので、慣れてきたら複数の種類を飼育してみるのも面白いと思いますよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です